somethincool
ジャズピアニストsekiroが、音楽にこだわらずかっこいいと思う物、役に立つ・面白い物などを紹介。
RECENT LIVE

Twitter - What am I doing?
   エントリー未満のつぶやき。意外なネタも!?

Twitter Updates

    follow sekiro on Twitter
    CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    INFO
    CATEGORY
    PROFILE
    管理者 :sekiro
    LINKS
      
    SEARCH
    早起き推移
    早起き生活
    Powered by 早起き生活
    天気予報


    -天気予報コム-
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    このページの先頭へ
    レゴサンタとツリー
    1222xmas_04.jpg
    1222xmas_02.jpg 1222xmas_03.jpg
    レゴ/LEGO 作品 【サンタクロースとツリー】[レゴ好きYOGOのオレLEGOランド]

    これはステキ。
    ツリーの横にあるプレゼントの山も心躍らせる何かがありますね。
    プレゼント欲しい!!(笑)

    しかしレゴってやっぱすごい。年齢関係なく楽しめる素晴らしいおもちゃなんですねきっと…。
    スポンサーサイト
    【2007/12/22 10:09】 アート | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    このページの先頭へ
    「対話の可能性」

    タニーベネットさんから頂きました、Jan Svankmajerの ショートフィルム『対話の可能性』のpart2「情熱的な対話」「不毛な対話」
    こういう映像は言葉が要らない。言葉がわからなくても通じるという点では音楽もそうだね。
    思わず2回みてしまいました。
    この分野って、普段あまり接する機会がないですが、面白そうだなと思いました。映像を作る人は常に色々なシーンが泉のように頭の中にわき出ているのかなぁ。一日くらいそういう人と入れ替わってみたいです。
    【2007/10/09 11:00】 アート | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    このページの先頭へ
    古いVolkswagenを使ったAdidasのプロモバス
    0923adidas.jpg
    Adidas Promo Bus
    アディダスのプロモバス。
    サンパウロの町中を走っていたようです。
    やるなー!としかいいようがないです。
    【2007/09/23 23:47】 アート | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    このページの先頭へ
    shichifuku さんの個展にいってきました。
    なぜか二日連続で普段そんなにしない芸術鑑賞をしているセキロです。

    ちょっと前に書きましたshichifuku さんの個展 ~絵を見て音が聞こえるような感覚ですが、今日用事の合間を縫って行ってきました。

    0916sato00.jpg
    art warm イベント情報

    パレードに出かけたような感覚、とでもいいましょうか、
    とにかく色彩が豊かで、ハッピーな感じでした。基本的には前の記事に載せたような画像の絵が多いのですが、中に これってホントに同じ人の作品なんだろうか?というような全然違った感じの作品もあり、面白かったです。個人的にはカラフルなおばあちゃんがヒットでした。

    同世代のアーティストとして、少しパワーを頂いて、お互い頑張ろう、みたいな気持ちです。

    shichifukuさんの開催期間は18日までですが、アートホールでは肖像画・水墨画 『池田二人展』 も同時に開催されています。

    噂のハヤシライスも頂いてきました。上野の老舗の洋食屋黒船亭のハヤシライスでした。まろやかで美味しかったです!!タマネギ最高。通販でも買えるみたいですね。
    【2007/09/15 23:56】 アート | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    このページの先頭へ
    「伊藤真乗の目と手」展 に行ってきました。
    先日北海道に遊びに来た友人の観光ガイドをしました。 後日そのお礼にと、思い出の写真と、なぜか 生誕100年記念「伊藤真乗の目と手」展のチケットが送られてきたので、本日行って参りました。

    0914sinjo.jpg
    上記サイトによる概要説明はこんな感じです。
    伊藤真乗(1906-1989)は、真言宗醍醐派総本山、京都の醍醐寺で真言宗の奥義を修めた後、釈尊の遺教である涅槃経を所依の経典とする一宗を興し、仏教教団・真如苑の開祖として、日本の仏教界のみならず、広く世界の宗教界に知られた存在でした。

    また一方で、伊藤真乗は、本尊の巨大な涅槃像を自ら謹刻し、“昭和の仏師”と呼ばれる側面を持っていたことを忘れてはならないでしょう。
    その天性による創作は、釈迦如来、阿弥陀如来、聖観音、不動明王などの仏像に結実しました。
    それだけではなく、その創作は、親交を結んだ人々の胸像や彫刻作品、刻字、書、写真など、多岐に渡る膨大なもので、こうした作品の制作自体が、即ち、修行のひとつの姿でもあったことを偲ばせるものとなっています。
    会場には音声ガイドとして、個人個人に端末とヘッドホンが用意されています。 展示してある作品群には番号が付けられており、端末に作品番号を入れるとヘッドホンから音声ガイドが聞けるようになっています。なかなか親切。

    何点かの仏像が展示してあるくらいかな、とたかをくくっていたら、仏像などの彫刻のほか、レリーフ、アトリエ、写真、刻字・書なども展示されており結構なボリュームで驚きました。
    仏達の独特で、どこか親近感あふれる表情に色々想像をふくらませたり。
    書などに関しては、真乗さんの人となりがみえるものばかりで、結構ぐさっときました。

    こんなのとか。
    玄人でもない私の稚拙な技で、
    どこまでみ仏のお徳とお慈悲とを表現できるか、

    思えば心もとないことであるが、
    一刀三礼のまことをこめて私の魂を打ち込んでいる、

    それだけが表現されているのかもしれない。

    伊藤真乗
    ……こんな凄い人でもこうなんだから、やっぱり一生勉強だよな、とまた人ごとではなく思って引き締まったり。

    札幌では北1西8のスピカで、17日まで10:00~20:30で開催されています。500円と手頃なので、お時間のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。いつもと違う発見や刺激があるかもしれません…。
    【2007/09/14 22:33】 アート | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    このページの先頭へ
    | BLOG TOP | 次のページ>>
    スポンサーサイト




    広告に関するお問い合わせは
    お気軽にこちらまで
    メールフォーム

    ◆コパボニのCD出来ました!◆
    CDのご注文、ライブのご予約などはこちらから。
    Powered by SHINOBI.JP


    PR


    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
    レンタルサーバなら↓


    sekiroも使用しています。おすすめ!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。