somethincool
ジャズピアニストsekiroが、音楽にこだわらずかっこいいと思う物、役に立つ・面白い物などを紹介。
RECENT LIVE

Twitter - What am I doing?
   エントリー未満のつぶやき。意外なネタも!?

Twitter Updates

    follow sekiro on Twitter
    CALENDAR
    04 | 2008/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    INFO
    CATEGORY
    PROFILE
    管理者 :sekiro
    LINKS
      
    SEARCH
    早起き推移
    早起き生活
    Powered by 早起き生活
    天気予報


    -天気予報コム-
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    このページの先頭へ
    次世代のラジオ? AluratekのWiFiネットラジオ付き目覚まし
    0529Aluratek.jpg
    http://aluratek.com/
    製品 : Aluratek社が作ったWi-Fiインターネットラジオ付き目覚まし時計。

    gizmodoがレビューを書いてます。
    世界1万1000局の放送を1台で-AluratekのWiFiネットラジオ付き目覚まし
    世界1万1000局の放送が無料で聞ける。 価格 :  199ドル 判定 : ブレッド&バターな必需品的ガジェット。ほぼ100%宣伝通り動く。国連参加国はほぼカバーしており、一生かかっても聴けないぐらい沢山の局が1台の目覚ましに入った。

    ラジオの音で目が覚め、好きな局はブックマークも可。局はジャンル・地域別に整理できる。セットアップは取説も不要なぐらい簡単。 音・サイズも悪くない。バスの低音はもう少し欲しい。肝心要のネットラジオ機能はとてもいい。
    これそのものがcool!!!って感じでは無いんですが、確実に分野を切り開いてる感がしたのでエントリー。

    ところでWi-Fiというか無線LANの世帯普及率って今どれくらいなんでしょうね??いずれにしても分野的には近い将来ブレイクしそうな感じです。
    「枕元から世界へ。」なんてキャッチコピーが出来そう。各メーカーさんには早くこの分野の商品を開発して、デザイン、機能含め研ぎ澄ましていって欲しいです。こなれたら欲しいっ!!!
    スポンサーサイト
    【2008/05/29 15:28】 オーディオとか | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    このページの先頭へ
    ためになりすぎる白地図サイトSekai Chizu

    http://www.sekaichizu.jp/

    都道府県をはじめ世界各国の白地図が無料でダウンロードできたりするサイトなんですが、

    国名と地域地図が一体化したFLASH版地域別地図 という地味にイイコンテンツがあります。

    ここはなんて国? ○○って国はどこ? という教育的な遊びが手軽に出来てしまいます。
    さわってみるとすぐ分かりますが、こんな感じです。
    世界地図>ヨーロッパ>国と位置を確認

    1人で地味に見るのもいいですが、親子で和気藹々と遊んだりすると楽しいしためになるのではないでしょうか。親子で勝負したりすると、こういうのって子供のほうが早く覚えたりするのでお父さんもムキになったりとか(笑)

    南アフリカとか結構わかんなくて苦しいです…。

    ちょっとずつ、国毎の紹介記事もアップされており、とってもためになります。
    【2008/05/24 15:59】 ツカエルサイト | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    このページの先頭へ
    Mellow Beats, Rhymes & Vibes が ゴキゲンすぎる。


    メロウ・ビーツ・ライムス&ヴァイブス

    久しぶりに結構衝撃のCDです。

    熱心な音楽ファンは当たり前のようにチェックしている所かもしれませんが、 カフェアプレミディや フリーソウルなんかでも有名な橋本徹が選曲しているコンピ。
    “正真正銘の会心の一枚です。フリー・ソウルやアプレミディを始めた頃の気持ちがよみがえります。絶対に聴いてください!”(橋本徹)
    ということなんですが、とりあえずサイトの説明が面白い!!

    http://www.apres-midi.biz/
    ジャズ、ボサノヴァ、ピアノといったテイストを盛り込んだメロウ・ビーツと歌心あふれるライムが織りなす極めつけのキラー・トラックばかりが選りすぐられた、今までにないほど感情がこみ上げる、最高すぎる極上の内容で、夜のドライヴやルーム・リスニングにも適したヒップホップ・チルアウトの決定打。ラウンジ・ピアノのロマンティックな旋律がきらびやかに漂う♯1、アーマッド・ジャマルのピアノ・ループに魅せられる、スパニッシュ風ギターがクールな影を落とすジャジー・ヒップホップの最高峰♯2、ボビー・ハッチャーソンをサンプルした、恍惚のサマー・ジャム♯3、メロウ・ビーツというコンセプトの原点になった、彩り豊かな究極のピアノ・ヒップホップ♯4、ジャズの気配と揺らぎを帯びたタイトでクリスプなビートが冴える♯5、澄みきった哀切と凛とした聡明さでエモーショナルにフロアを揺らす♯6、ムーンスターの粋な手腕が光るチャーミングなボサ・ブレイクのガールズ・ラップ♯7、爽やかな陽射しと風を感じさせるフレッシュなソフト・ロックのようなフレンチ・ラップ♯8、胸を締めつける切なさに満ちた、ヒューバート・ロウズのメロウ・サンプルが舞うセンティメンタルな人気曲♯9、オスカー・ピーターソンのピアノをインテリジェントに寛いだラウンジ感覚で紡ぐ♯10、太陽に照らしだされるようなピースフルな開放感に胸がキュンとするメロディアス・ラップ♯11、グルーヴィーなソウル~ジャズ感覚が情熱的に弾む♯12、ナイーヴな感性でカラフルに織りなされる感動的なボサ・ヒップホップ♯13、夜の空気のように冷ややかな洗練をリリカルに奏でる♯14、オズマール・ミリト&クアルテート・フォルマのノヴェラ・サントラ曲を加工した、スモーキーなグルーヴから沸き上がるプリミティヴなヒップネスが瑞々しく光る♯15、無邪気な音と声の戯れがポップな親しみを誘う♯16、透明感あふれる音像にイマジネイションが沸き立つキャッチーな♯17、壊れそうなほど儚げに美しく彩られたピアノが印象深いクラシカルな♯18、リズムの奥行きの中に翳りを帯びた詩情とジャズへの敬愛がのぞく♯19、映画のエンドロールのような甘美な余韻に包まれる、ファラオ・サンダースのメロウ・サイドを彷佛とさせる♯20まで、従来のヒップホップ・リスニングのイメージを鮮やかに一新する、ジャズやボサノヴァ、フリー・ソウルに馴染んだアプレミディ・ファンなら間違いなく楽しめる一枚にして、上質なメロウネスとサウダージが香る心地よいグルーヴに永遠に身を委ねていたくなる品質絶対保証のエヴァーグリーン盤。
    一歩間違えば「これはルー語か?」と思う位の横文字の応酬。音楽の感じを表現する言葉になじみのないひとは、半分くらいなにいってるかわからないんじゃないでしょうか(笑)

    とはいえ、音楽っていう抽象的なものをよくこれだけ、言葉で説明できるなと感心もします。 実際聴きながらこの説明を聴くと結構なるほどと思えるし…。

    内容はというと、ホントとにかく素晴らしいの一言。
    ループのセンスがハンパなく良い。それだけでまず飽きないです。ラップってあんまり聴かなかったけど、こんなのならホント楽しく聴けますね。
    そして随所にちりばめられるジャズへのリスペクト。分かると思わずにやりとする部分も沢山あります。
    なんか、このジャケがお洒落なサウンドのイメージにもぴったりだし、最近ホントよく聴いてます。
    音楽好きな人も、ピアノ好きな人も、ジャズ好きな人も、ヒップホップな人も、猫派の人にも、激しくオススメです。
    【2008/05/21 15:24】 CD・DVD | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    このページの先頭へ
    米木さん→蛇池DUO帯広函館つれづれ
    今回の旅について簡単にまとめておきます。

    と思ったけどその前の米木さんとの共演から書きますか…。

    5/15
    米木さんとは、1X年前のツクバ時代、古河のアップスで大石学さんとのDUOをブラザートガシ(b)と見に行った時が出会いでした。ライブ終了後にトガシと大石さん、私と米木さんという組み合わせで1曲ずつ遊んで頂いて、打ち上げでもお話させて頂きました。

    そんなありふれた光景をなんと米木さんは覚えていてくれて、印象に残るピアノの感じだったと言ってくれました。
    そんな出会いから1X年経て、日本のジャズシーンを一線で引っ張ってきた大先輩とこうしてご一緒に演奏出来た機会があるだけでも感無量なことなんですが、演奏も本当に楽しいものでした。
    マスターのご要望でオリジナルを2曲ほどつきあって頂きましたが、決して簡単な曲ではないのに短時間の打ち合わせでツボを押さえるし、本番の演奏は どの瞬間にも集中して周りの音を聴き、音楽の重力がどのような方向に向かうかを考慮されながら、そのシーン毎に適切な伴奏とさらに刺激を与えて頂きました。
    勉強や刺激にも勿論なりましたが、とにかく幸せな夜でした。

    5/16
    函館Leafさんでの演奏。札幌から車で5,6時間でしょうか。
    マスター始め、お客様はみんな温かく……

    と、ここまで書いてみたんですが、蛇池さんがイイまとめをかいてたのでもうこれでいいや。

    SLOW LIFE -函館、帯広、TOKUさん


    TOKUさんご一行様は、たまたま別の仕事で帯広に入っていて、スミト(ds)から連絡をもらって
    (スミトはsekiroがたまたま帯広にいるとしらず、帯広と札幌は結構近いと思っていたらしい…)
    合流することになりました。ちなみにスミトは大学の同期で、去年の12月にたまたま同じ店で一緒でした。なんたる偶然。

    洋佑・朗クインテット 壮絶な旅行記 βversion

    結局4時まで大盛り上がりセッションになりました。楽しかったー♪

    忘れてはいけないですが、GENさん堂山さんもホント素晴らしかったです。

    Leafのマスター、色々お世話になりました桜井さん、GENさん堂山さん、TOKUさんご一行様、
    来て頂いた全てのお客様
    じゃいけセンセ

    ありがとうございました。

    あと、函館→帯広 の車移動(約8時間)&演奏は若干無茶です。よいこはまねしないようにしましょう。

    関連記事
    蛇池雅人・関口由浩 DUO終了(函館ジャズ好きなオヤジの日記)
    【2008/05/19 14:31】 旅行記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    このページの先頭へ
    驚愕アレンジ Erykah Badu - On & On

    おばりんより頂きました。
    ケニー・ギャレットやロバート・グラスパーとも一緒に演っているドラマーのChris Daveという人がいるんですが、最近mitaniからErykah Baduのバックで叩いているのを教えてもらった。 で、いろいろ見てたらこれがすごくカコイイ。
    On & Onってエリカの曲の中でも割と昔の曲だと思うけどこれは今年のライブらしい。 原曲とは違いかなりアレンジが凝っている。

    で、たまげたのが4:30あたりから4ビート風になったかと思ったら、フレディ・ハバードの書いた曲として有名な「レッド・クレイ」のリフがいきなり登場。

    かなり大胆なアレンジだとおもうけど、さりげなくこういうの入れてくるのが相当クール!
    というわけなんですが…。
    エリカ様の曲は最近Toshi Electric Bandでもやったりしてて、結構聴いてます。
    全体として思うのはアレンジの細かさとセンスの良さ。凄すぎです。
    原曲からかなり飛び立ってます。
    全員普通に暗譜してんのも当たり前かも知れないけど結構大変ですよ、これきっと…。
    あと、全体のグルーブ感ももちろんですが、エリカ様のタイム感やっぱりスゲェと思いました。


    Baduizm [Special Edition] [Import] [from US] ~ Erykah Badu
    【2008/05/15 10:48】 音楽動画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(9)
    このページの先頭へ
    レコーディング太り
    20080507133436.jpg

    昨日からパロシクスのレコーディングに入ってます。レコーディング太りにならないよう気をつけつつ食べまくったり、油汗かいたりしながら楽しんでやってます。
    昨日も朝から遅くまでみんなでがんばってましたが、さてどんな感じになるか、楽しみです。
    【2008/05/07 13:34】 日記・雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    このページの先頭へ
    IKUZOボタン
    こーてぃんより頂きました。

    巷ではIKUZOが大流行らしく、ニコニコ動画にも関連動画が連日いくつも投稿されています。
    ニコニコってもうある意味クリエイターの大きな発表の場の1つで、それから色んな文化が巻き起こったり新たな出会い、チャンスがあったりすることは当然あるわけで、なんだか計り知れないパワーや可能性を目の当たりにして色々考えさせられてます。

    それに関連してこんなフラッシュを作ってる人が。

    IKUZOボタン
    これは…。
    性質上結構微妙な物かもしれませんが、
    発想と、流行の流れを見た上での仕事の速さは さすがという感じです。
    じゃいけ先生語録をサンプラーに仕込もうと思っていた矢先だったので多少やられた感も…。
    かけ声系がキーボード操作可能になっていたりと地味に考えられたりします。

    お気に入りのテクノやハウスなんかを流して適当にボタンを押して遊んだり、
    サンプラーなんかに仕込んでライブやイベントで使うとかもアリかもしれません(笑)
    【2008/05/05 16:58】 おもしろサイト | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    このページの先頭へ
    デジタルフォトフレームDPF-D70 がアツイかも

    デジタルフォトフレーム D70

    ノヴさんより頂きました。
    5/9に発売になる、sonyの本気度が見え隠れするデジタルフォトフレームですが、 フライングで入手した人のレビュー記事があります。

    ソニーのデジタルフォトフレームDPF-D70が届きました

    たしかに これ見ると、沸々となんか物欲が刺激されるので注意が必要かもしれません(笑)

    BlueToothやHDMIを搭載したり、本体に画像補整機能がついていたり、メモリが倍の512積んでいたり、さらにそれに加え液晶が少し大きかったりする上位モデルも含め3機種がラインナップされているようですが、個人的な主観では、SDHCの8Gが普通に認識する時点で、一番安い機種で十分な気がします。

    時計とかカレンダーとか普通にキレイだし、部屋のインテリアとしては結構coolなのではないでしょうか。



    【2008/05/04 00:03】 エレクトロニクス | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    このページの先頭へ
    | BLOG TOP |
    スポンサーサイト




    広告に関するお問い合わせは
    お気軽にこちらまで
    メールフォーム

    ◆コパボニのCD出来ました!◆
    CDのご注文、ライブのご予約などはこちらから。
    Powered by SHINOBI.JP


    PR


    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
    レンタルサーバなら↓


    sekiroも使用しています。おすすめ!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。