somethincool
ジャズピアニストsekiroが、音楽にこだわらずかっこいいと思う物、役に立つ・面白い物などを紹介。
RECENT LIVE

Twitter - What am I doing?
   エントリー未満のつぶやき。意外なネタも!?

Twitter Updates

    follow sekiro on Twitter
    CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    INFO
    CATEGORY
    PROFILE
    管理者 :sekiro
    LINKS
      
    SEARCH
    早起き推移
    早起き生活
    Powered by 早起き生活
    天気予報


    -天気予報コム-
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    このページの先頭へ
    中本マリボーカルクリニックまとめ
    去年に引き続き17日、アットマイプレイスで中本マリさんによるボーカルクリニックがあり、伴奏サポートを務めさせて頂きました。
    レッスンはマンツーマンで行われ、1人1人の良いところをのばす形で、適切な指導がなされます。
    そのなかでも共通する事項として、ごく基本的なのかもしれませんが、 以下のような事をおっしゃっていましたのでまとめてみます。

    ・声を鼻にかけない。声を前に出す。
    のどを開き、しっかり声を出す事を意識します。声がしっかり出ていない受講者に対しては、立って上半身を前に倒した状態で声をだすことによって、のどが開く感覚をつかませていました。

    ・レッスンは録音する。
    1人1人の受講者は60分のレッスン中で明らかに改善されていきます。しかし1ヶ月もすると戻ってしまうことも多いそうです。指導を受けた事を忘れず、そのときに自分がどのように改善されたかを確認する意味でも、レッスンは録音しましょう。

    ・唄おうとする曲は、以下の3種類を用意したほうがよい。
    1.歌詞のみを書いたシート
    2.メロディーとコードのシート
    3.メロディーとコードのシートに歌詞を載せて書いたシート

    1は、まず書いて何度も読んで、歌詞を理解するための自分用のシートです。3のシートだと、意味的に1つであっても違う段になったり飛んだりするので、歌詞確認の為にはあったほうが良いです。

    2は、唄うとき伴奏者に渡すのためのシートです。3のシートでも伴奏はできますが、伴奏時には歌詞は不要なので、なるべくすっきりした見やすい譜面を渡すという目的です。伴奏者の為に、当然自分の唄うキーに書き直しておきましょう。

    3はメロディーのどの音に、歌詞がどのように載っているかを確認する自分用のシートです。分からなくなったら基本に帰りこのシートで確認します。

    ・ストレートメロディーを大事に
    歌詞をストレートメロディーにしっかり乗せて正しい発音で唄えば自然にスウィングするようにできています。自分の唄い方作っていく場合でも、まずストレートメロディーをしっかり理解して歌詞を載せましょう。

    ・音程をしゃくりあげたり、投げたりしない。
    メロディーを大切にするという意味で、唄う音1つ1つは基本的にはじめから終わりまでしっかり音程を保って唄います。下からしゃくり上げたりすると、ジャズの唄い方ではなくなってしまうそうです。

    ・くっつけて発音して良い言葉、いけない言葉について理解する。
    英語の話になりますが、単語と単語をくっつけて発音すると上手く収まったり、逆に変にくっつけて発音すると意味が通らなくなったりするものがあります。

    以上歌の方は時々基本に立ち返ってみるのもよいかと思います。

    7時間にも渡る長時間レッスンにもかかわらず、マリさんは1人1人に全く手を抜かず全力で指導していきます。ジャズに対する深い愛と、自分の使命感があってはじめて可能なことだと思います。
    そして「ジャズはかっこよくあるべきだ」とおっしゃっていました。私も本当にそう思います。
    今後もかっこいいジャズについて、自分なりに想いを込めてやっていきますとも。

    そんなパワフルなマリさんは来年還暦を迎えます。今後もいっそう元気にジャズの魅力を伝えていって欲しいと思います。これからもよろしくお願いします。
    【2006/09/18 19:36】 日記・雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    このページの先頭へ
    <<針でも、数字でもない時刻表示。 | BLOG TOP | @エルマンゴ2>>
    この記事に対するコメント
    おー!!
    含蓄のある教えですね

    ただ一番目の「のどを開く」というのは、実際に経験しないとわからない感覚です
    解剖学的には「軟口蓋」を開くようにする、ということなので、
    よいトレーナー(中本さんのような)に実地で教えてもらったほうがいいですよ
    のどを開く、ということは「口を大きく開ける」ということとは全然違うので、
    そのあたりを勘違いしてるボーカル・トレーナーが多いです
    口を意識的に大きく開けると、むしろ軟口蓋は閉じ気味になるのです

    このようにちょっと特殊な感覚なので、よいトレーナーにつくようお勧めします

    【2006/09/19 08:44】 URL | Asimito #Kc1FINo6 [ 編集 ]
    なるほど・・・勉強になります!
    立って上半身を前に倒した状態で声を出すと複式呼吸うまくできていいんですよね。いつもそうやって歌いたいくらいです。
    ジャズはかっこよくあるべき、ほんとにそうですね。
    かっこよくなくちゃジャズじゃない。。
    このページお気に入りに登録します笑!
    【2006/09/19 15:25】 URL | なお #ew5YwdUc [ 編集 ]
    追記
    「のどを開く」には、喉頭を下げる、ということも含まれます
    急いで書いたので、書き忘れてました
    これも難しいですよね!

    あと、顎を上げて歌う方が多いですが、
    ・・・たぶん高い音を出そうとしているんだと思いますが・・・
    逆にのどに負担がかかって出にくくなります
    一般論ですが、
    むしろ低い音を出すときは少し顎を上げぎみ、
    高い音を出すときは少し引きぎみ(下げぎみ)にしたほうがいいようです

    【2006/09/20 09:19】 URL | Asimito #Kc1FINo6 [ 編集 ]
    >asimitoさん
    補足コメントありがとうございます。軟口蓋ですか…。勉強になりました。

    >なおさん
    つぎはなおさんも 是非受けてみては。今のところ札幌は半年に一回ぐらいです。
    【2006/09/21 10:30】 URL | sekiro #- [ 編集 ]
    ハイ!今度あるときは予定教えて下さい!実はsekiroさんの携帯知らないのでmixiでメッセージでもお願いします☆
    【2006/09/23 19:52】 URL | なお #- [ 編集 ]
    このページの先頭へ
    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    このページの先頭へ
    | BLOG TOP |
    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL▼
    ⇒ http://sekiro.blog37.fc2.com/tb.php/275-a2a1912c


    このページの先頭へ
    スポンサーサイト




    広告に関するお問い合わせは
    お気軽にこちらまで
    メールフォーム

    ◆コパボニのCD出来ました!◆
    CDのご注文、ライブのご予約などはこちらから。
    Powered by SHINOBI.JP


    PR


    RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACKS
    ARCHIVES
    レンタルサーバなら↓


    sekiroも使用しています。おすすめ!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。